/

バイデン氏、次期厚生長官にベセラ氏を指名

次期米厚生長官に指名されたハビエル・ベセラ氏(写真は政権移行チームのサイト)

【ワシントン=鳳山太成】米大統領選で当選を確実にした民主党のバイデン前副大統領は7日、次期厚生長官に西部カリフォルニア州のハビエル・ベセラ司法長官(62)を指名するなど保健政策の主要人事を発表した。新型コロナウイルスの収束という次期政権の重責を担う。

バイデン氏は声明で「このチームでパンデミック(感染症の大流行)を制御して米国人が生活に戻れるようにする」と意欲を示した。

ベセラ氏は中南米系。地元の司法長官として医療保険制度改革法(オバマケア)を存続させる訴訟を主導するなど保健政策に力を入れてきた。

トランプ政権でコロナ対策を率いた国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長を、バイデン氏の首席医療顧問で起用する。感染症対策を率いる米疾病対策センター(CDC)の所長なども指名した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン