/

この記事は会員限定です

日本車、米依存にリスク 6社の営業益3割稼ぐ

[有料会員限定]

日本車メーカーが米国依存を強めている。米国と並ぶ大市場の中国での競争激化などで、トヨタ自動車ホンダなど6社合計の連結営業利益に占める北米の割合は足元で3割を超える。米市場は利幅の高い車が売れる「ドル箱」で、マツダとトヨタは共同出資する米アラバマ州の工場で現地生産を拡大する。だが、景気後退への懸念が急速に強まるなかで過度な依存は経営リスクになりかねない。

マツダとトヨタの共同出資会社は7日(現地...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1369文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン