/

この記事は会員限定です

ペルー大統領選、大接戦に 急進左派がわずかにリード

(更新) [有料会員限定]

【サンパウロ=外山尚之】南米ペルーで6日、大統領選の決選投票が実施された。急進左派のペドロ・カスティジョ氏(51)とフジモリ元大統領の長女、ケイコ・フジモリ氏(46)が大接戦を繰り広げている。資源国有化などを掲げ、地方の貧困層などの支持を集めるカスティジョ氏の左派政策への賛否が選挙の争点となった。

選挙管理当局の7日午前11時(日本時間8日午前1時)ごろの発表によると、開票率94.1%でカスティジ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り738文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン