/

この記事は会員限定です

バイデン氏、議会で主導権握る 上院で多数派奪還

[有料会員限定]

【ワシントン=鳳山太成】米民主党が連邦議会上院で多数派を奪還した。共和党地盤の南部ジョージア州で開かれた5日の決選投票で2議席をいずれも獲得した。バイデン次期政権は上下両院で多数派を確保し、議会の主導権を握った。採決の半数を僅かに上回るにすぎず、党内で影響力を強める左派との調整など、綱渡りの政権運営となる。

米メディアは6日、民主党の新人オソフ氏が共和党の現職パーデュー氏に勝利したと伝えた。民主党...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り963文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン次期政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン