/

Twitter、「投げ銭」機能をテスト ペイパルなどで決済

ツイッターは投げ銭の機能について段階的に対応言語や対象者を広げる考えだ=ロイター

【シリコンバレー=白石武志】米ツイッターは6日、同社のSNS(交流サイト)上でユーザー同士が送金できる新機能のテストを始めたと発表した。様々な人を金銭面で応援したり、支持を表明したりする使い方を想定している。

新機能の名称は「Tip Jar(チップジャー)」。まずは送金する対象を英語圏のクリエーターやジャーナリスト、専門家、非営利団体などに限定して、試験サービスを始めた。決済は「ペイパル」や「ベンモ」など外部企業のサービスを使い、ツイッターによる手数料は発生しない。

使い方はまずツイッターの設定画面で自分が使っている決済サービスのアカウント情報を登録する。クリエーターらに金銭を贈りたいユーザーは送金ボタンを押してペイパルなどの決済アプリに移動し、相手のアカウントに送金できる。

現在は言語設定が英語なら誰でも送金できる。ツイッターは近日中に送金が受け取れるユーザーの範囲を広げるほか、英語以外の言語にも対応させる考えだ。

SNS上で送金したり、課金アイテムを購入したりして少額の金銭を贈る行為は「投げ銭」と呼ばれ、ファンがクリエーターを支援する仕組みとして「ユーチューブ」や「TikTok(ティックトック)」などの動画共有サービスを中心に普及しつつある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン