/

iPhone、車と連携強化 速度表示やエアコン操作

日産やホンダに提供

米アップルが自動車分野での存在感を高めている。6日、スマートフォン「iPhone」と車を連携する機能「カープレー」を2023年に刷新すると発表した。日産自動車や米フォード・モーターなど世界の14社・ブランドに供給する。スマホとつないで速度計などのデータを運転席周りのディスプレーに表示できる。電気自動車(EV)参入への布石となる可能性がある。

カープレーはアップルが14年からiPhone向けの基本ソフト「iOS」に搭載している規格だ。iPhoneと車を接続し、車載ディスプレーに地図や音楽、通話などのアプリを表示できる。使い慣れたiPhoneのようにディスプレーが使えるため人気が高く、米国では新車の98%がカープレーに対応している。

23年に刷新する次世代のカープレーでは、これまでのアプリに加えて速度計など計器類の表示やカーエアコンの操作もできるようになる。

自動車メーカーにとって世界で10億台以上が稼働するiPhoneとの連携は魅力的だが、速度などのデータがいったんiPhoneに取り込まれることになる。消費者との接点を握られるだけでなく、エンジンの状態などの車両データがアップル側に伝わる可能性もある。

アップルが6日に公表した提携先一覧には日産やホンダ、フォード、独ポルシェ、独アウディなどが含まれる一方、トヨタ自動車や独BMWなどの名前はなかった。日産は次世代のカープレーについて「消費者に新しい価値を提供できる可能性が広がるが、採用の可否などは今後協議していく」とコメントした。

アップルはかねてEVへの参入が取り沙汰されている。車載ディスプレーの表示をスマホのように自由に変更できる次世代カープレーは、アップルが考える「未来のクルマ」の一端を示すものだ。

車や利用者に関する大部分のデータの処理をアップルが担うことになり、ドライブ中に提供する音楽やゲームなどのサービスをiPhoneのようにアップルが握ることになる。当初は提携先の自動車メーカーを通じて商品化されることになるが、20年代後半の発売が噂される「アップルカー」の開発にもつながる可能性がある。

スマホと自動車を接続する技術では米グーグルも14年に「アンドロイド・オート」を発表し、現在は世界の主要自動車メーカーが対応している。アップルのカープレーとほぼ同じ規格で、対応車両は過去1年で約5割増えて5月に1億5000万台を超えた。

グーグルは車載ディスプレーにスマホのコンテンツを映し出すアンドロイド・オートに加えて、自動車の情報・娯楽システムの基盤となる基本ソフト(OS)「アンドロイド・オートモーティブ」の供給にも乗り出している。米ゼネラル・モーターズ(GM)やホンダなどが採用している。

一方、アップルは6日、今秋に配布を始めるiPhone向けの基本ソフト「iOS 16」も発表した。目玉の一つが米国でモバイル決済サービス「アップルペイ」に追加する後払い機能だ。利用者は金利や手数料を負担せず、様々な商品・サービスの代金を4分割して支払うことができるようになる。

後払い決済は「BNPL(バイ・ナウ・ペイ・レーター)」と呼ばれ、米国では学生ローン債務などの理由でクレジットカードを持てない若年層を中心に人気を集めている。アップルの参入発表を受け、6日の米国市場でBNPL専業の米アファーム・ホールディングスの株価は前週末比5.5%下落した。

世界のスマホ市場が成熟するなか、アップルはiPhoneを軸とするコンテンツ配信や決済などのサービス分野に活路を求めている。これまで専業の支配力が強かった自動車や金融などを舞台に、新旧勢力の主導権争いが激しさを増している。

(シリコンバレー=白石武志)

アップル、日本向けパソコン値上げ


米アップルは日本向けのノートパソコンの価格を引き上げた。6日にノートパソコンの最新機種を発表しており、これに合わせて既存製品も値上げした。
2020年11月に発売した「MacBook Air」は最低価格が13万4800円と、発売時から約2万円(約17%)高くなった。為替相場の円安や原材料価格の高騰を受けた対応とみられる。高性能タイプの「Pro」の14インチは27万4800円と3万5000円(約15%)上がった。
7月発売予定の「Air」の新製品は自社設計の半導体「M2」を搭載し、映像の鮮明さを高めつつ消費電力を抑えた。サイズや性能が異なるため単純比較はできないが、価格は16万4800円と現行機種の発売時より4割、10年前の製品に比べると8割高くなっている。
外国為替相場は7日に一時1ドル=133円台となり、20年ぶりの円安水準となった。今後発売されるスマートフォン「iPhone」の新型や既存製品も国内向けの価格が上がる可能性がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

Appleイベント

iPhoneやMacBook Proなどの新製品が発表されるAppleイベントやデベロッパー向けWWDCを速報レビュー。イベントでのCEO発言や内容から浮かぶAppleの動向などを分析・解説した記事を掲載します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン