/

米ホーム・デポ、即日・翌日配送をウォルマートに委託

【ニューヨーク=河内真帆】米ホームセンター最大手ホーム・デポは6日、小売り最大手ウォルマートと配送サービス業務で提携し、販売商品の即日・翌日配送を委託すると発表した。ウォルマートが8月に外販事業の一環として発表した他社の商品を消費者に宅配する「ゴーローカル」サービスを利用する。大手小売業で同サービスの利用は初めてで業界の注目を集めている。

ウォルマートはホーム・デポのネット通販上に入った注文情報を受け、ドライバーを派遣し、商品の即日および翌日の配送を担う。提携の契約期間や金額は明らかにしていない。サービスは相手先のブランドで提供するホワイトラベル形式で、顧客はホーム・デポからの梱包で商品を受け取る。

ウォルマートは全米4700店舗が、米国民の9割の半径10マイル(約16キロメートル)圏内にあり、即日・翌日の宅配サービスを提供してきた。ホーム・デポはこの配送インフラを重視、「今回の提携により全米の人口の90%に即日・翌日配送を提供するという目標に近づける」と説明した。

ホーム・デポは、数週間以内にウォルマートのゴーローカル用の車に載せられる小型の工具、ペンキ、日曜大工用品などの配送をテキサス州など数カ所ではじめ、年末までに対象地域を拡大したい考えだ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン