/

米ジョージア州上院の決選投票、民主候補が勝利

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【ワシントン=坂口幸裕】米南部ジョージア州の上院選の決選投票が6日に投開票された。米主要メディアによると、与党・民主党現職のラファエル・ウォーノック氏が当選を確実にした。トランプ前大統領が推薦した野党・共和党新人のハーシェル・ウォーカー氏を破り、上院で多数派を固めた民主が過半数となる51議席目を確保した。

11月8日に実施した中間選挙のジョージアの上院選で立候補した3人がいずれも当選に必要な過半数に届かず、州法に基づき上位2候補が決選投票に進んだ。ジョージア州によると、今回の決選投票では190万人近くが郵送を含む期日前投票を利用した。

中間選挙はこれまで、上院(定数100)で非改選を含め民主が現有の50議席、共和が49議席を確保。上院議長を兼ねるハリス副大統領が1票を持つ民主の多数派維持はすでに固めていたが、議会運営を円滑にするため最後となる1議席を上積みした。

現在17ある常任委員会の構成は議席数に比例して与野党に配分する慣例がある。同数だと法案や人事案を委員会で通すには原則として野党の協力が要る。下院で4年ぶりに過半数を奪還した共和は24年大統領選を見すえて攻勢を強める構えで、民主は上院でできるだけ安定した議会運営を進めたい思いがある。

今回の結果は2024年の次期大統領選の共和候補の指名争いに影響する可能性もある。先の上院選でトランプ氏の推薦候補が激戦州で相次ぎ敗れた。ジョージアでもトランプ氏の息のかかった候補が敗北し、次期大統領選への出馬を表明した同氏では戦えないとの見方が共和内で一段と強まりかねない。

トランプ氏は決選投票の応援でジョージア州には入らなかった。有権者の間で賛否が割れる同氏が現地に赴けば、無党派層が反発して民主候補に流れるのを懸念した判断とみられる。

ニューズレター

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません