/

米貿易赤字11月19%増、2カ月ぶり拡大 輸出入とも最大

【ワシントン=共同】米商務省が6日発表した昨年11月のモノとサービスを合わせた国際収支ベース(季節調整済み)の貿易赤字は前月比19.4%増の801億7200万ドル(約9兆2800億円)だった。赤字の増加は2カ月ぶり。新型コロナウイルス禍からの経済活動再開で国内需要が増え、輸入が増加したことが影響したとみられる。

輸出は0.2%増の2242億1500万ドルで過去最大だった。輸入も4.6%増の3043億8800万ドルで最大となった。

モノの通関ベース(季節調整前)の貿易収支によると、中国への輸出は前年同月比13.0%増の160億6900万ドルだった。ただ輸入も膨らんだため、対中国の貿易赤字は5.5%増の323億1600万ドルとなった。対日本の赤字は38.6%減の41億6100万ドルだった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン