/

テック株投資の米アークも脱NY、フロリダに本社移転

【ニューヨーク=宮本岳則】テクノロジー株に選別投資する米運用会社アーク・インベストメント・マネジメントは6日、米南部フロリダ州に本社を移転すると発表した。ニューヨーク市内のオフィスは10月末で閉鎖する。起業家やスタートアップ企業を支援する施設も建設する。アーク創業者で著名投資家のキャシー・ウッド氏は声明で「さらに型破りな運用会社になる」と述べた。

新本社はフロリダ州セントピーターズバーグ市に置く。本社移転に合わせて「アーク・イノベーション・センター」を建設する。土地は地元自治体が拠出し、2023年7月の開所を目指す。アークは施設を通じて同エリアで活動する起業家や大学、インキュベーターたちとの交流を深めるとしている。従業員の大半はフロリダに移るが、在宅勤務にも対応する。

14年創業のアークは、テック株に集中投資する上場投資信託(ETF)で個人投資家の人気を集め、運用資産残高を急激に伸ばした。最高投資責任者のウッド氏は電気自動車(EV)メーカーのテスラや暗号資産(仮想通貨)関連株に強気のスタンスを貫き、動画サイト「ユーチューブ」を通じて投資アイデアを公開するなど、独自の運用スタイルで注目を集めてきた。

フロリダ州では金融会社によるオフィス新設が相次ぐ。ブラックストーンはテクノロジー部門の拠点を設置したほか、エリオット・マネジメントは本社をニューヨークから移転した。フロリダ州の所得税率はゼロで、ニューヨーク州など税率の高い地域から高所得者層をひき付けている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン