/

タンカー攻撃でイラン非難 G7外相が共同声明

日米など先進7カ国(G7)外相は6日、中東オマーン沖で7月29日に起きたイスラエル系企業運航のタンカーに対する攻撃を巡り、イランを非難する共同声明を発表した。犯行について「入手可能な全ての証拠は、イランを明らかに指し示している」とした。イランは関与を否定している。

声明は、英国人ら乗組員2人が死亡した攻撃を「意図的かつ標的を定めた攻撃で、明白な国際法違反だ」と強調。イランの行動について「代理勢力や非国家軍事主体に対するイランの支援と相まって、国際的な平和と安全を脅かしている」として、こうした行動をやめるよう要求した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン