/

世界の長者、コロナで資産増 首位は4年連続ベゾス氏

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
アマゾンのベゾスCEOは同社の株価上昇により資産を前年から640億ドル(約7兆円)増やした=ロイター

【ニューヨーク=白岩ひおな】米誌フォーブスは6日、2021年版の世界長者番付を発表した。米アマゾン・ドット・コム創業者のジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)が4年連続で首位となった。保有資産は1770億ドル(19兆4400億円)。株価上昇で前年から640億ドル(約7兆円)増えた。

新型コロナウイルスの感染拡大で失業や経済不安が広がる一方、資産10億ドル以上の超富裕層は過去最多の2755人と660人増えた。合計資産も13兆1000億ドルと前年の8兆ドルから大幅に伸びた。

2位は米電気自動車(EV)メーカー、テスラCEOのイーロン・マスク氏で1510億ドルだった。テスラの株価急騰により前年の31位(246億ドル)から急上昇した。3位は仏高級ブランドグループ、モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン(LVMH)会長のベルナール・アルノー氏の1500億ドルだ。米マイクロソフト共同創業者のビル・ゲイツ氏、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOが続く。著名投資家のウォーレン・バフェット氏は6位で、1993年以来で初めてトップ5から外れた。

起業などで自ら財を成した「セルフメイド」の富豪も過去最多となる1975人に上った。最年少でリストに加わったのは自動運転車技術の米スタートアップ、ルミナ―・テクノロジーズを創業した26歳のオースティン・ラッセル氏だ。女性の富豪も前年の241人から328人に増えた。マッチングアプリの米バンブル創業者ホイットニー・ウルフ・ハード氏が含まれる。暗号資産(仮想通貨)や特別買収目的会社(SPAC)、伝統的なIPOや、新型コロナ関連のヘルスケア事業で資産を増やした例も目立った。

アジア地域からはインドの大手財閥リライアンス・インダストリーズのムケシュ・アンバニ会長が10位にランクインしている。日本勢では、29位にソフトバンクグループの孫正義会長兼社長(資産454億ドル)、31位に衣料品店ユニクロを展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長(同441億ドル)が入った。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン