/

この記事は会員限定です

[FT]21年株主総会、気候変動で強まる株主の発言力

モラル・マネー 投資の新潮流を紹介

[有料会員限定]
英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)のニューズレター「モラル・マネー」1月6日号では、2021年の株主総会で気候変動に関する株主提案がさらに増える可能性があることについて論じた。主な内容は以下の通り。

企業の気候変動対策に対する株主の発言力強化を求める活動を推進してきた「物言う株主」のクリス・ホーン卿は、2020年を大きな勝利で締めくくった。米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスが12...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1337文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン