/

英裁判所、アサンジ被告の保釈認めず

アサンジ被告の保釈を求めるプラカードを掲げる人(6日、ロンドン)=ロイター

【ロンドン=時事】英ロンドンの裁判所は6日、拘束中の内部告発サイト「ウィキリークス」創設者ジュリアン・アサンジ被告が申し立てていた保釈申請を退けた。被告は機密情報を公開したスパイ防止法違反などの罪で米国で起訴され、身柄の引き渡しを求められているが、裁判所は4日、自殺の恐れがあることを理由に引き渡しを認めない判断を下していた。

米政府は近く上訴する方針。判事は6日、保釈拒否の理由として、被告が上訴審に出廷しない恐れがあることを指摘した。被告はロンドン東部の刑務所に引き続き拘束される。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン