/

12月の米雇用12万人減、8カ月ぶりマイナス 民間調査

米雇用は8カ月ぶりに減少(求人広告を掲げる米ニューハンプシャー州の小売店)=AP

【ワシントン=長沼亜紀】米民間雇用サービス会社ADPが6日発表した2020年12月の全米雇用リポートによると、非農業部門の雇用者数(政府部門を除く)は前月から12万3000人減少した。雇用減は4月以来8カ月ぶりで、新型コロナウイルスの感染再拡大で雇用情勢は再び悪化した。

6万人程度の増加を見込んだダウ・ジョーンズまとめの市場予測に反して減少した。レジャー・ホスピタリティ産業が5万8000人雇用を減らしたほか、商業・運輸・公益産業も5万人減だった。事業所規模別では、大規模事業所の雇用減が14万7000人と大きかった。ADPは「雇用減は小売業とレジャー・ホスピタリティ産業に集中しており、パンデミック(世界的大流行)の労働市場への影響が強まっている」と指摘した。

米雇用は、3月にコロナ感染拡大の本格化で都市封鎖が行われたため、4月に急激に悪化した。その後回復が続いていたが、秋以降の感染再拡大で雇用増のペースが鈍化していた。足元では、再び営業規制などが強まっており、雇用情勢は一段と厳しさを増している。

労働省が8日発表する12月の雇用統計について、市場は、非農業部門の雇用数が5万人程度増加すると予想している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン