/

この記事は会員限定です

ブラジル大統領、最高裁と対立 トランプ流で不正主張

[有料会員限定]

【サンパウロ=外山尚之】ブラジルのボルソナロ大統領が最高裁判所との対立を強めている。現行の電子投票方式の選挙システムに不正があると主張。トランプ前米大統領の側近らを招き、2022年の大統領選で敗北しても結果を受け入れないと述べるなど「トランプ流」を前面に出す。

「我々の自由を侵すことは認められない」。独立記念日の7日、ボルソナロ氏は最大都市サンパウロで支持者が実施した大規模デモで演説した。最高裁の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り640文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン