米デル、人員6600人を削減 リストラで人件費抑制 - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

米デル、人員6600人を削減 リストラで人件費抑制

[有料会員限定]

【ヒューストン=花房良祐】米パソコン・サーバー大手のデル・テクノロジーズが全体の5%の人員削減を計画していることが6日、わかった。米国の急速な利上げでIT(情報技術)業界は景気が冷え込んでおり、リストラで人件費を抑える。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)によると、従業員13万3000人のうち6600人が対象になる。

ジェフ・クラーク共同最高執行責任者(COO)が6日、従業員向けの社内...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り375文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません