/

この記事は会員限定です

米議会、Facebookに集中砲火 内部告発者が「援軍」に

[有料会員限定]

米議会が米フェイスブックへの批判を強めている。消費者保護を担当する上院の小委員会が5日に公聴会を開き、SNS(交流サイト)の悪影響などに関する社内資料を持ち出した同社の元社員を証人として招いた。議会は内部告発者を「援軍」に巨大IT(情報技術)企業に対する規制を強めたい考えだが、先行きは不透明だ。

「巨大IT企業は発がん性に関する資料を隠蔽していたたばこ会社のようなものだ」。上院の商業科学運輸委員会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1147文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン