/

この記事は会員限定です

米金利が低下、裏に国債発行減 FRBの購入縮小を相殺

[有料会員限定]

【ニューヨーク=斉藤雄太】米金利の上昇に一服感が出ている。米連邦準備理事会(FRB)は今月の量的緩和の縮小(テーパリング)開始を決めた一方で、パウエル議長が利上げは急がない姿勢を強調。米財務省が国債発行を減らす計画も示したことで、国債需給の引き締まりが意識されている。金利が抑制されれば株式や商品などリスク資産への投資を後押しするが、インフレは高止まりしており、利上げへの警戒が再び浮上する可能性もあ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1789文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン