/

この記事は会員限定です

FRB、難路の金融引き締め 「量の縮小」にリスク

(更新) [有料会員限定]

【ニューヨーク=斉藤雄太】米連邦準備理事会(FRB)がインフレ対応の金融引き締めを急ぐ姿勢を鮮明にしている。5日に公表した2021年12月の米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨では22年3月にも利上げに動く可能性を示し、早期に保有資産の縮小を始める構えもみせた。世界の市場は動揺し、株価は下げが目立った。長期緩和に慣れきった市場が引き締めに耐えられるかが大きな焦点だ。

5日の米市場では金利が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1194文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン