/

米、対EU関税の対象品目追加 ワインなど12日発動

米国はエアバスへの補助金が不当だとしてEUに関税を課している=ロイター

【ワシントン=鳳山太成】米通商代表部(USTR)は5日、欧州の航空機大手エアバスへの補助金が不当だとして欧州連合(EU)各国に課している報復関税の品目を追加すると明らかにした。ドイツやフランスから輸入する一部の航空機部品やワインへの追加関税を12日発動する。

EUは2020年11月、米国のボーイングに対する補助金が不当だとして、最大40億㌦(約4100億円)分の米国製品に報復関税を課した。USTRは「EUの計算方法が誤っており、米国側の措置に見合っていない」として、今回の品目追加を決めた。

航空機補助金を巡る米欧の貿易紛争は長年続いている。EUはバイデン次期米政権下での解決に期待を表している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン次期政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン