/

この記事は会員限定です

トランプ氏、アリペイなど中国アプリ禁止 大統領令署名

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

【ワシントン=鳳山太成】トランプ米大統領は5日、中国アリババ集団の傘下企業が提供するスマホ決済アプリ「支付宝(アリペイ)」など中国アプリに関わる取引を米国内で禁じる大統領令に署名した。個人情報が流出するのを警戒した。2月の実施を目指すが、バイデン政権への交代で実現性は不透明だ。

対象はアリババ傘下の金融会社アント・グループが手掛けるアリペイのほか、騰訊控股(テンセント)が対話アプリ「WeChat(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り383文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン