/

VISAとマスター、ロシアでカード決済停止

(更新)

米カード最大手のビザと2位のマスターカードは5日、ロシアでのカード決済事業を停止すると発表した。ロシア国内で両社のブランドのクレジットカードやデビットカードが使えなくなるほか、ロシアの銀行が発行したカードは全世界で決済できなくなる。消費者や企業などに幅広く影響が及ぶ可能性がある。

両社は1日までに、ロシアの複数の銀行が発行したカードの利用を停止していたが、さらに踏み込んだ措置となる。ロシアでは、ロシア国外の金融機関が発行したカードであっても、加盟店やATMでのクレジットカードやデビットカードの利用ができなくなる。「直ちに実行し、数日間かけて取引が停止される」(ビザ)という。

ロシアの金融機関が発行したカードはロシア国外で決済できなくなり、事実上の全面停止となる。海外に資産を持つ富裕層などの決済ルートを封じるねらいもあるとみられる。マスターカードは声明で「世界の規制当局の要求に沿った措置」としている。

ビザのアルフレッド・ケリー最高経営責任者(CEO)は声明で「我々が目撃した受け入れがたい事態を受け、行動を起こさざるを得なくなった」と述べた。「ロシアでサービスを提供する加盟店、カード会員などに影響を与えることを遺憾に思う」ともつづった。

25年超にわたってロシアで事業を展開してきたマスターカードはリリースで「この決定を軽々しく決めたわけではない」と強調した。「適切な時期に、法律に照らして許される状況になれば、再開に向けて取り組む」との見通しを示した。

ロシアではキャッシュレス決済の比率は上昇しており、直近で約6割となっている。カード決済も右肩上がりで増加。調査会社スタティスタによると、2020年のカード決済件数は411億回で、19年比で16%増えた。(大島有美子)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■動く戦況地図  ■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン