/

パウエル氏葬儀、バイデン氏ら出席 ワシントン大聖堂で

【ワシントン=時事】先月18日に84歳で死去したコリン・パウエル元国務長官の葬儀が5日、ワシントン大聖堂で営まれ、バイデン大統領夫妻や、ブッシュ(子)元大統領夫妻、オバマ元大統領夫妻らが出席した。感染症のため先月一時入院したクリントン元大統領や、パウエル氏を「名ばかり共和党員」と批判してきたトランプ前大統領は姿を見せなかった。

40年来の親交があり、ブッシュ(子)政権下で国務副長官として仕えたリチャード・アーミテージ氏は弔辞で、パウエル氏の「ユーモアのセンス、飽くことのない好奇心、ありのままの姿でいる心地よさ」をしのんだ。マドレーン・オルブライト元国務長官は、パウエル氏と親友になれたのは「誰にとっても、これまで会った最も優しく、最も礼儀正しい人物の一人だったからだ」とたたえた。

パウエル氏は貧しいジャマイカ移民の息子から立身出世し、黒人で初めて軍制服組トップの統合参謀本部議長や国務長官などを歴任。1991年の湾岸戦争の英雄として党派を超えて信頼を集めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン