/

復調ウーバーに労働分配圧力 1~3月、英規制対応で減収

ウーバー本社前でギグワーカー保護を求める運転手ら(20年10月、サンフランシスコ市)

【シリコンバレー=白石武志】米ウーバーテクノロジーズが労働者への配分拡大を求める規制当局の圧力に直面している。従来のビジネスモデルは運転手を個人事業主として扱うことで社会保障費などの負担を避ける形だったが、一部で崩れ始めた。5日に発表した2021年1~3月期決算は事前の増収予想に反し、4四半期連続の減収となった。

「規制は地域ごとに大きく異なり、対処しなければならない枠組みの〝つぎはぎ〟のようだ」。ウーバーのダラ・コスロシャヒ最高経営責任者(CEO)は5日の決算説明会で、欧米各地に広がる様々な労働者保護の動きをこう例えた。

21年1~3月期の売上高は前年同期比11%減の29億300万ドル(約3100億円)となった。事前の市場予想(32億7000万ドル前後)は新型コロナウイルスワクチン接種の進展などに伴う4四半期ぶりの増収を見込んでいたが、大きく下回った。5日の米国市場の時間外取引でウーバー株は売りが優勢となり、終値に対し一時5%近く下落した。

想定外の減収要因となったのは、英国の一部の運転手らがウーバーを相手取って16年に起こした裁判の結果だ。英最高裁は2月の判決で運転手は個人事業主であるとするウーバーの主張を退け、ライドシェア運転手を英国の雇用法に基づく「労働者」として扱うよう求めた。

判決に従いウーバーは3月17日、英国内の約7万人のライドシェア運転手の契約形態を一斉に見直した。この変更に伴ってこれまでウーバーが受け取っていた手数料の一部が運転手に配分される形となり、1~3月の売上高は想定よりも6億ドル減ったという。アプリの利用総額に占めるウーバーの取り分は14.9%となり、想定を3.0ポイント下回った。

ウーバーによると「労働者」の区分は英国の雇用法に特有のもので、雇用主は「国民生活賃金」と呼ぶ最低賃金を保障したり、収入に基づいた休暇手当を支払ったりするよう求められる。雇用主の指示に従って働く「従業員」とは異なり、税務上は自営業者として扱われ、運転手らは好きな時間に自由に働くことができる。

ネットを介してライドシェアや料理宅配などの単発の仕事を請け負う労働者は「ギグワーカー」と呼ばれる。ウーバーはこれまで事業を展開するどの地域でもギグワーカーを独立した個人事業主として扱い、雇用関係を認めてこなかった。英国の事例はウーバーにとって「蟻(アリ)の一穴」となるおそれがある。

ギグワーカーとウーバーの双方に転機をもたらしたのは、新型コロナだ。トランプ前米政権は20年3月に決めた経済対策の中で、失業保険に加入していないギグワーカーであっても失業給付を受けられるようにした。有権者の間では、本来はウーバーなどが負担すべきだった保険料が納税者に転嫁されるという不満が高まった。

ウーバーが本社を置くカリフォルニア州は20年5月、ギグワーカー保護を定めた州法に違反したとして、ウーバーと同業の米リフトに運転手らを従業員として扱うよう求める訴えを起こした。ビジネスモデルが根本から覆されるリスクに直面した両社は、州内での事業停止もちらつかせて猛反発。州法を改正するキャンペーンに総額2億㌦超を投じ、20年11月の住民投票で規制を書き換える住民立法案を賛成多数で承認させた。

自由な働き方を求める労働者の声は根強く、同州の住民投票では投票者の約6割に相当する約1000万人がウーバーなどの主張に賛成した。ただ、労働者への配分拡大による格差解消を掲げるバイデン米政権はギグワーカー保護を推進する構えだ。米労働省は5日、ギグワーカーを独立した個人事業主とみなすことを容易にするトランプ前政権時代の規則を撤回すると決めた。

米世論調査会社ギャラップは18年の報告書の中で、米国の労働人口の36%に相当する約5700万人がなんらかの形でギグワーカーとしても働いていると推計している。労働者を中心に支持基盤の拡大を目指すバイデン政権が、カリフォルニア州政府と同じようにウーバーと衝突する可能性は高まっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン