/

米国務省報道官「香港市民の意思に沿わず」、中国を批判

中国の習近平国家主席は香港への支配を強めている=ロイター

【ワシントン=永沢毅】米国務省のプライス報道官は5日の記者会見で、中国が全国人民代表大会で示した香港の選挙制度見直し案について「政治参加を制限したり、代表を減らしたりするのは香港市民の意思に沿わない」と批判した。「香港の自治、自由、民主プロセスへの直接攻撃だ」と指摘した。

見直し案は親中派に優位になる内容で、中国共産党に批判的な民主派には大きな打撃となると目されている。プライス氏は「中国に国際的な義務を順守するよう求める。(普通選挙の実現をめざすと掲げる)香港基本法に従って行動するよう要求する」と訴えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン