/

この記事は会員限定です

メキシコで産業見本市、日本企業が出展 3年ぶり対面式

[有料会員限定]

【メキシコシティ=清水孝輔】メキシコ中部グアナフアト州で5日、独産業見本市「ハノーバー・メッセ」に関連した産業見本市が始まった。期間は7日までの3日間で、新型コロナウイルスの感染拡大を経て3年ぶりの対面式となる。日本企業11社が出展しており、自動車生産が盛んなメキシコで産業用の製品や技術の事業機会を探る。

日本貿易振興機構(ジェトロ)主催の展示エリアでは8社が産業向け製品や技術を紹介している。NTTデータ

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り253文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません