/

真鍋氏「研究、ただ心から楽しんだ」 米大で記者会見

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【ニュージャージー州プリンストン=大島有美子】2021年のノーベル物理学賞を受賞することが決まった真鍋淑郎・米プリンストン大学上席研究員(90)は5日、同大で開いた記者会見で「我々は今起きている気候変動を認識し、対処する必要がある」と述べた。気候変動の根拠を科学的に示した研究が評価されたことへの喜びを語るとともに、気候変動の被害が世界で広がっていることへの危機感を表した。

会見場、万雷の拍手

プリンストン大学内のホールで開かれた記者会見には、気候変動を研究する学生らも参加し、真鍋氏をスタンディングオベーションで迎えた。「大いに驚くとともに、光栄だ」。真鍋氏は受賞が決まった気持ちをこう語った。

同氏が気候変動の研究に本格的に取り組んだのは1960年代からだ。「研究を始めたときは、気候変動の研究の重要性については思ってもいなかった。私の研究の原動力のすべては好奇心だった」と述べた。研究を「ただ心から楽しんでいた」とも振り返った。

「私にとってはノーベル平和賞」

真鍋氏は世界が干ばつや洪水など気候変動による災害に直面し、住まいを失い、移民せざるを得ない人が生じている現状に危機感も示した。「我々は気候変動を軽減する必要がある。だが、まず今まさに起こっている気候変動を認識し、対処する方法を見いださなければいけない」と強調。「自分がどういう行動を取るべきかも考えているところだ」と述べた。真鍋氏のジョークで沸き、和やかな雰囲気に包まれていた会場は静まりかえった。

「気候変動を理解することは難しい。だが、気候変動から生じる政治や社会の出来事を理解することはもっと難しい」とも述べた。今回の受賞決定は「私にとってはノーベル平和賞だと信じている」と気候変動が政治や社会に及ぼす影響の大きさを表現した。

「協調が不得意」会場沸かす

日本から米国籍に移し、米国に根を張った研究生活を続けた理由について、真鍋氏は「日本は互いを邪魔しないように協調する」と日本の慣習をまず説明した。「私は協調が得意ではなかった。(米国では)他の人が感じていることをあまり気にせずに行動できる」と述べ会場は笑いにつつまれた。

米国の研究生活について「コンピューターを使いたいだけ使え、好きな研究ができた」とも振り返り、研究資金の潤沢さや資金申請の複雑さの違いなどもにじませた。

プリンストン大、学生ら祝福 「スーキー」の受賞決定に沸く


【ニュージャージー州プリンストン=吉田圭織】2021年のノーベル物理学賞を受賞することが決まった真鍋淑郎・米プリンストン大学上席研究員(90)。5日、同大で開いた記者会見や祝賀会には、気候変動を研究する大勢の学生らが祝福に集まった。気候変動の分野で初めて物理学賞を受賞したことで喜びに包まれた。

淑郎という名前から取って、同僚や学生から「スーキー」と呼び親しまれている真鍋氏。10年超ともに研究してきたという同大のトム・デルワース氏は「スーキーは、気候変動の世界のマイケル・ジョーダンだ」とたたえた。米プロバスケットボール協会(NBA)の著名選手、マイケル・ジョーダンさんの活躍がNBAの価値を世界で高めたように「彼は気候変動の研究者の立場を引き上げた」と喜んだ。真鍋氏の研究を自身が学生に教えているという。

プリンストン大で熱帯地域の大気の力学を研究する学生ジュホ・アイポネさん(27)は「気候変動分野でノーベル賞を取るとしたら、スーキー・マナベしかいないと思っていた」と喜びをあらわにした。自身が気候変動を研究分野に選んだ理由を「いますぐ解決策が必要な分野だと思い、貢献したかった」と語った。真鍋氏に「(ノーベル賞の受賞者として)いま彼の研究がなぜ重要なのか、世に広めてほしい」と期待を込めた。

氷河の動きを研究する男性研究者は「自分の気候モデルの研究が何の役に立つのかと考え、つらくなることがある。今回の受賞決定で重要性が認められたと実感できた」と顔をほころばせた。一方で「最も二酸化炭素排出量が多い国は気候変動に真剣に向き合っていない。我々の研究で今後変化が起きることに期待している」と力を込めた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ノーベル賞

2021年のノーベル賞発表は10月4日の生理学・医学賞からスタート。5日に物理学賞、6日に化学賞、7日に文学賞、8日に平和賞、11日に経済学賞と続きます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン