/

6月の米貿易赤字、過去最大に 経済再開で4.4%増

【ワシントン=鳳山太成】米商務省が5日発表した6月の貿易統計(季節調整済み、通関ベース)によると、モノの貿易赤字は920億5000万ドル(約10兆1000億円)と前月に比べて4.4%増えた。単月ベースで3カ月ぶりに過去最大を記録した。巨額の財政出動と経済再開で輸入が膨らんだ。

輸入は1.7%増の2374億ドル。食料品のほか、金属、石油製品、コンピューター関連機器などがけん引した。輸出も原油などエネルギー関連が伸び、1453億ドルで0.1%増えた。輸入、輸出のいずれも過去最大だ。

1~6月の貿易赤字は5318億ドルと前年同期に比べて27.1%増えた。新型コロナウイルスワクチンの普及が進み、旺盛な個人消費が輸入を膨らませている。今のペースが続けば、2021年通年の赤字は初めて1兆ドルを上回り、20年に続いて過去最大を更新する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン