/

この記事は会員限定です

米英豪、極超音速兵器開発で協力へ 対中国へ連携拡大

(更新) [有料会員限定]

【ワシントン=中村亮】オースティン米国防長官は5日、下院軍事委員会の公聴会で米国と英国、オーストラリアが極超音速兵器の開発で協力すると明らかにした。中国への対抗に向けて、豪州向けの原子力潜水艦供与から協力分野を広げる。

米政府当局者によると、バイデン米大統領や英国のジョンソン首相、豪州のモリソン首相が5日に正式発表する。米英豪は2021年9月に安全保障の枠組み「AUKUS(オーカス)」を創設し、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り463文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン