/

モデルナ「冬前に追加接種必要」 半年後から効果低下も

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
米モデルナは新型コロナウイルスのワクチンについて、冬を前に3回目の追加接種が必要になると指摘した

【ニューヨーク=野村優子】米バイオ製薬モデルナは5日、新型コロナウイルスのワクチンについて、有効性を維持するために3回目の追加接種(ブースター接種)が「冬のシーズンを前に必要になる」との見解を示した。2回目の接種から6カ月は有効性が9割を上回る一方、6カ月後からインド型(デルタ型)などの変異ウイルスに対する予防効果が低下し始めると指摘した。

モデルナが公表した臨床試験(治験)のデータによると、2回目の接種から6カ月間は有効性が93%となる。ただ、感染拡大が深刻となるデルタ型などに対しては、接種後に体内でつくられウイルスの働きを抑える「中和抗体」の量が6カ月後から低下し始めると指摘した。

治験を進めるブースター接種についての研究結果も併せて公表した。ブースター候補として従来ワクチン、デルタ型に特化したワクチンなど3種類で治験を進めるが、いずれもデルタ型に対する予防効果を高めることを確認した。スティーブン・ホーグ社長は同日の決算説明会で「ワクチンの有効性は6カ月間維持されるものの、抗体レベルは徐々に低下し、有効性に影響を与える。冬を前にブースター接種が必要になる」と述べた。

ブースター接種を巡っては欧州などが接種に動くなか、世界保健機関(WHO)は公平な供給の観点からブースター接種を9月末まで中止すべきだとの見解を示した。米国では7月上旬、米疾病対策センター(CDC)と米食品医薬品局(FDA)が「現時点で必要ない」との見解を示した。

モデルナが同日発表した2021年4~6月期決算は、売上高が前年同期比65倍の43億ドル(約4790億円)、最終損益が27億ドルの黒字(前年同期は1億1700万ドルの赤字)だった。同期間に新型コロナワクチンを1億9900万回分販売しており、売上高は42億ドルだった。同ワクチンは世界50以上の国・地域で緊急使用などが承認されており、21年には8億~10億回分を生産する計画だ。

新型コロナ特集ページへ

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン