/

この記事は会員限定です

米ファンド勢、格差是正で団体設立 投資先従業員に株式

(更新) [有料会員限定]

【ニューヨーク=宮本岳則】米大手投資会社KKRやアポロ・グローバル・マネジメントなどは共同で、より多くの出資先企業の従業員に株式を付与する運動を始める。企業価値向上の「果実」を投資家や経営陣だけではなく、幅広く享受できるようにする。米国ではファンド勢の高額報酬に対する批判が高まっており、格差是正に向けた具体的な取り組みが求められていた。

60以上の賛同者は5日、非営利団体「オーナーシップ・ワーク...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り543文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン