/

この記事は会員限定です

「ウクライナ難民、官民で支援」メキシコ移民担当官

[有料会員限定]

【ティフアナ(メキシコ北西部)=清水孝輔】ロシアによるウクライナ侵攻を受け、メキシコを経由して米国をめざす両国の移民が増えている。メキシコのバハカリフォルニア州で移民問題を担当するアドリアナ・エスピノサ次官が日本経済新聞の取材に応じ「民間団体と連携して支援する」と述べた。同州は米カリフォルニア州と接しており、すでに数百人規模のウクライナ難民を受け入れているという。主なやり取りは以下の通り。

――...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り739文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシアがウクライナに侵攻しました。NATO加盟をめざすウクライナに対し、ロシアはかねて軍事圧力を強めていました。米欧や日本は相次いでロシアへの制裁に動いています。最新ニュースと解説をまとめました。

■最新の戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン