/

この記事は会員限定です

「特別な日米」喜ぶのは早い 対中戦略問うバイデン流

本社コメンテーター 菅野幹雄

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

「戦争の抑止も国際機関の出現も、英語圏の兄弟による連合なしには実現しない」。東西冷戦の序章といえる1946年3月、英首相を退いたチャーチルは米国と英国の「特別な関係」を誇示する「鉄のカーテン演説」を残した。

米中衝突が強まる75年後のいま、米国の特別な相手はまるで日本に置き換わったかのようだ。

就任約3カ月のバイデン米大統領が16日、ホワイトハウスに迎える最初の外国首脳は兄弟国の英国でも隣国カナダ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1933文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

菅野 幹雄

東京、ベルリン、ロンドンで経済・政治を取材。脱デフレの財政・金融政策、ユーロ危機やEU動乱を報じた。18年春からはワシントンで「トランプの米国」が揺さぶる世界秩序の変貌を追う。著書に「英EU離脱の衝撃」。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン