/

米国防総省、中国のロケット追跡 残骸落下を警戒

【ワシントン=中村亮】米国防総省は4日、中国が4月下旬に打ち上げた大型ロケット「長征5号B」が8日ごろに大気圏へ再突入するとして、追跡を行っていると明らかにした。再突入時に人工衛星の残骸などが完全に燃えず、地表に落下する恐れがあるためだ。

国防総省は長征5号Bの位置情報を公開していくと説明したが「大気圏に再突入する地点はその数時間前まで特定できない」とも指摘した。残骸は大気圏へ再突入する際に燃え尽きるのが一般的だが、長征5号Bは大型のため一部が燃えずに地表に落下する可能性が指摘されている。

CNNテレビは「落下した残骸がだれかに激突するリスクは極めて小さい」として予防的措置をとる必要はないとする専門家の見方を伝えている。中国は4月29日、独自の宇宙ステーションを建設するため基幹施設を長征5号Bで打ち上げていた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません