/

この記事は会員限定です

アルゼンチン、再び債務再編交渉 5月に返済期限

[有料会員限定]

【サンパウロ=外山尚之】アルゼンチン政府が再び債務再編交渉に乗り出す。5月に24億ドル(約2600億円)の返済期限が迫っており、返済には国際通貨基金(IMF)との交渉で合意する必要がある。新型コロナウイルス対策の失敗で国民の支持率が落ち込みつつある中、安易な妥協はできず、難しい交渉となりそうだ。

アルゼンチンのグスマン経済相は15日、有力紙ナシオンに対し、「我々が政権に就いた時点で、国の債務負担は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り986文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン