/

NY証取、中国通信3社の上場廃止方針を撤回

think!多様な観点からニュースを考える
昨年末の発表では1月7日か11日に上場廃止の見通しだった(ニューヨーク証券取引所)=AP

【ニューヨーク=宮本岳則】ニューヨーク証券取引所(NYSE)は4日、中国移動(チャイナモバイル)など中国の通信大手3社の上場廃止方針を撤回すると発表した。トランプ米政権による一部中国企業の売買禁止措置を受け、2020年12月31日に上場廃止手続きの開始を公表したばかりだった。NYSEは米国の関係当局との追加協議を踏まえて撤回を決めたとしている。

NYSEは中国移動と中国電信(チャイナテレコム)、中国聯合網絡通信(チャイナユニコム)の上場廃止方針を撤回した。同取引所で引き続き売買が可能になる。昨年末の発表では21年1月7日か11日に上場廃止になる見通しだった。NYSEの上場廃止手続き開始の発表を受け、通信3銘柄の株価は下落。中国政府も反発していた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン