/

米、20年の出生数4%減 1979年以来の低水準

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
米国の出生数は6年連続で減少=AP

【ワシントン=鳳山太成】米疾病対策センター(CDC)は5日、2020年の米国の出生数が前年比4%減ったとの暫定値を発表した。6年連続の減少で、1979年以来、約40年ぶりの低水準。新型コロナウイルスの影響で出生数が一段と減り、世界経済をけん引する米国の成長に響く可能性がある。

2020年の出生数は360万5201人。金融危機で景気が低迷する前の07年をピークにおおむね下がり続けてきた。14年に一時増えたものの、その後は年平均2%の減少が続いた。

1人の女性が生涯に産む子供の数を示す合計特殊出生率は1.64と過去最低を更新した。人口の維持に必要とされる2.1を07年以来、一貫して下回っている。

年齢別の出生率は15~44歳の各グループいずれも減少した。20~24歳が6%減、25~29歳が4%減でそれぞれ過去最低を記録した。1985年から2019年にかけて年平均3%とほぼ一貫して増えてきた40~44歳も2%減った。

生まれた子供が減った背景には、女性の社会進出や晩婚化を指摘する声がある。若年層の所得が減ったり、学費返済の負担が増えたりして結婚や出産をためらう傾向もある。

新型コロナウイルスの流行を受けて、夫婦が病気や金銭面への不安から出産を見送った影響も一部表れたようだ。20年12月の出生数は前年同月に比べて8%減った。コロナ禍の影響が本格的に表れる21年は出生数が一段と減る可能性がある。

米国は日本や欧州などの先進国と同様、出生数が下がり続けてきたが、移民によって人口は増え続けてきた。足元では移民の流入も鈍っている。20年の国勢調査によると、人口の伸びは10年前に比べて7.4%増と、1940年調査以来の低水準となった。

足元の出生数はフランスやイタリアなど欧州でも急減している。コロナの影響がどこまで残るかは不透明だが、少子化に拍車がかかれば世界の持続的な経済成長に逆風となる。

新型コロナ特集ページへ

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン