/

Qアノン信奉の米議員、委員会から除名 下院決議

グリーン米下院議員は学校での銃乱射事件を「やらせだ」と主張したとされる=ロイター

【ワシントン=中村亮】米議会下院は4日、共和党のマージョリー・グリーン下院議員を所属委員会から除名する決議を賛成多数で可決した。グリーン氏は極右の陰謀論者「Qアノン」を信奉し、数々の陰謀論を拡散していたとされ、共和党からも批判が出ていた。

採決では除名に賛成が230票、反対が199票だった。共和党から11人が賛成に回った。米メディアによると、グリーン氏は学校での銃乱射事件を「やらせだ」と述べたり、2001年9月の米同時テロでハイジャックされた航空機が国防総省の施設に突っ込んだ証拠はないと主張したりしていた。同氏は採決に先立ち「過去の発言は私自身や私の選挙区、価値観を示すものではない」と釈明していた。

共和党は3日の非公開会合でグリーン氏の処遇を協議したが、指導部は委員会からの除名を見送っていた。トランプ前大統領の熱烈な支持者であるグリーン氏に処分を下せば、トランプ氏支持者の離反を招くリスクがあるためとみられる。共和党の対応を踏まえ、民主党は4日に本会議で除名に関する決議を採決した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン