/

この記事は会員限定です

米国、30年に電動車5割 脱ガソリンを政策で誘導

(更新) [有料会員限定]

バイデン米大統領は5日、米国の新車販売に占める電気自動車(EV)など電動車の比率を2030年に50%に引き上げる大統領令に署名する。日本メーカーが得意とするハイブリッド車(HV)は含めない。脱炭素強化の一環だが、米新車市場の98%はガソリン車やHVで政策の実効性には課題が残る。

バイデン氏は米東部時間の5日午後(日本時間6日早朝)に大統領令に署名する。電動車は「EV」「燃料電池車(FCV)」と外部...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1580文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン