/

米ギャップ、11~1月252億円の黒字 ネット通販拡大

売上高は前年同期比5%減の44億2400万ドルだった=ロイター

【ニューヨーク=河内真帆】米衣料大手ギャップが4日発表した2020年11月~2021年1月期決算は、純利益が2億3400万ドル(約252億円)の黒字だった。税制上の優遇措置から一時的な特別利益を計上した。前年同期は1億8400万ドルの赤字。

売上高は前年同期比5%減の44億2400万ドルだった。全社の既存店売上高は横ばいだったが、傘下各チェーンでは違いが目立った。廉価商品を販売するオールド・ネイビーの既存店売上高は7%増、女性向けスポーツウエアのアスリータは26%増と伸びたのに対して、主力チェーンのGAPは6%減、高価格帯商品のバナナリパブリックは22%減と不振だった。

年末商戦期に新型コロナウイルス感染が再燃、海外市場では一部店舗が閉鎖に追い込まれたほか、米国では客足が伸びず苦戦した。店舗での売り上げは前年同期比28%減と不振だった半面、ネット通販は同49%増え、同期中の売り上げの46%を占めるまで成長した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン