/

この記事は会員限定です

ノイズ目立つred hot景気 好決算も無反応(NY特急便)

米州総局 田口良成

[有料会員限定]

4日の米株式市場ではアップルなどの巨大テック株が下げを主導。ナスダック総合株価指数の下落幅は3月下旬以来の大きさとなった。決算内容が悪かったり米長期金利が上昇したりしたわけではない。むしろ逆だ。「red hot」と言われる過熱気味の経済で、相場を動かすメッセージとそれ以外の「ノイズ(雑音)」との区別が難しくなっている。

巨大テック株の下げが進んだ理由を強いてあげれば、もともと高値警戒感がくすぶっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1276文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン