/

この記事は会員限定です

「気候変動否定の企業と取引せず」 米バンカメ副会長

アン・フィヌーケン氏「脱炭素移行、10年で110兆円支援」

[有料会員限定]

バンク・オブ・アメリカは2050年までに、取引先も含めて温暖化ガス排出量を実質ゼロにする「ネットゼロ」を実現すると約束した。すでに当社内の実質ゼロは達成しており、オフィスなどで使うエネルギーはほとんど化石燃料に頼っていない。50年の目標達成には今後、顧客も実質ゼロになる必要がある。

私たちは温暖化により火災や異常気象、水不足など重大な問題に直面している。さらに株主は企業に行動を求める。政府のみなら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1182文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン