/

この記事は会員限定です

FRBとサマーズ氏、景気「軟着陸」巡り火花(NY特急便)

米州総局 宮本岳則

(更新) [有料会員限定]

4日の米株式市場は方向感の乏しい展開だった。機関投資家の重視するS&P500種株価指数はほぼ横ばい圏で推移した。投資家の関心は引き続きインフレと米国経済の行方にある。エコノミストの間でにわかに注目を集めているのが、米連邦準備理事会(FRB)とローレンス・サマーズ元米財務長官の論争だ。

論争の発端は5月まで遡る。FRBのウォラー理事は講演で、失業率の急伸を招かずにインフレを抑制する「ソフトランディ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1193文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン