/

英当局、中国テレビの免許取り消し 編集権で違法と結論

(更新)
中国国営中央テレビの本部前を歩く北京市民=AP

【ロンドン=共同】英国のメディア規制当局は4日、中国国営中央テレビ系列の国際放送、中国国際テレビ(CGTN)の放送免許を取り消したと発表した。中国共産党が番組の最終的な編集権を握っており、英国の法律の規定に反すると結論付けた。

英中関係は、中国による香港国家安全維持法(国安法)制定や華為技術(ファーウェイ)問題を巡り悪化しており、中国側の反発は必至。

英国の法律は、放送免許を保有する組織が政治団体の影響下にあることを禁止している。CGTNは、中国のメディア会社が保有する放送免許で番組を放送していたが、英規制当局はこの会社には編集権がなく不当と判断した。

CGTNは中国政府の対外発信強化を図るため、中央テレビの国際放送部門を分離して発足した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン