/

世界のコロナ感染者、2億人突破 半年で倍増

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
ワクチン接種割合が全米平均より低い南部ルイジアナ州で2日、治療を受けるコロナ患者=AP

【ニューヨーク=山内菜穂子】世界の新型コロナウイルスの累計感染者数が4日、2億人を突破した。患者数が1億人に達するには1年超かかったが、2億人には約半年しかかからなかった。各国でのインド型(デルタ型)の拡大が止まらず、感染ペースが「第5波」に入ったとの懸念が強まっている。

米ジョンズ・ホプキンス大のまとめによると、世界の累計新規感染者数は4日午後(日本時間5日早朝)に2億人を超えた。「第3波」により1億人を超えた1月下旬から半年あまりで2倍になった。世界人口の2.6%が感染した計算となる。死亡者数は累計で424万人を超えた。

累計感染者数を国別でみると、世界最多は米国で3529万人と全体の2割弱を占めた。インド(3176万人)、ブラジル(1998万人)、ロシア(627万人)と続く。半年前と比べると、米国は3割増だった一方、インドは3倍、ブラジルは2倍超に増えた。

2019年12月に中国で初めてウイルスが確認されてから、世界的な感染の波は4度あった。世界保健機関(WHO)は20年3月、新型コロナをパンデミック(世界的大流行)と認定した。

20年春の「第1波」では米国やイタリアなど欧米を中心に感染が拡大した。南米やインドなどに広がった夏の「第2波」の後、冬の「第3波」では米国の1日の新規感染者数(7日移動平均)が一時、20万人を超えた。

現在の感染拡大は変異ウイルスの急速な広がりが背景にある。21年春からの「第4波」は英国型(アルファ型)や南アフリカ型(ベータ型)、ブラジル型(ガンマ型)が広まった。現在はデルタ型が席巻し「第5波」に入ったとの見方が強まっている。

感染拡大が続くインドネシア・ジャカルタで4日、コロナによる死者を埋葬する人々=AP

WHOによると、デルタ型は少なくとも世界135カ国・地域で確認された。米国は推定で症例数の9割を超える。ワクチンの接種割合が低い地域を中心に感染拡大が続き、3日の新規感染者数(7日移動平均)は5カ月半ぶりに9万人を超えた。

CDCによると、最も深刻なパンデミックの1つは1918~19年に世界中で広がったスペイン風邪だ。世界の人口の3分の1が感染し、少なくとも5000万人が亡くなったとされる。

新型コロナ特集ページへ

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン