/

この記事は会員限定です

米でGM超えのトヨタ 半導体不足の影響、最小限に

[有料会員限定]

トヨタ自動車が2021年の米国市場の新車販売で初のトップに立った。半導体不足にあえいだゼネラル・モーターズ(GM)、フォード・モーターの米2強を抑えてサプライチェーン(供給網)の強さを見せつけたが、22年に米国で本格化する電気自動車(EV)の展開では後手にまわる。首位奪取に喜んでばかりもいられない。

米国メディアは4日、米自動車産業で歴史的な節目となるニュースを大きく報じた。米CNBCテレビは「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1671文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン