/

D・ボウイさんの楽曲取得 米ワーナー、290億円

【ロサンゼルス=共同】米音楽大手ワーナー・ミュージック・グループは3日、2016年に死去した英ロック歌手デビッド・ボウイさんの楽曲の権利を音楽出版部門のワーナー・チャペル・ミュージックが取得したと発表した。「ジギー・スターダスト」や「レッツ・ダンス」などが含まれる。

米メディアによると、ボウイさんの楽曲のほぼ全てとなる400曲以上が対象で、取得額は推定で約2億5千万ドル(約290億円)。

音楽業界ではストリーミング配信の利用拡大で楽曲所有権の価値が上昇しているとされる。

昨年12月には米歌手ブルース・スプリングスティーンさんが全楽曲の権利をソニー・ミュージックエンタテインメントに売却したと報じられたほか、近年ではボブ・ディランさん、ポール・サイモンさんも同様に全楽曲を売却したことが明らかになった。

ボウイさんは派手な衣装をまとい、架空のキャラクターを演じる新たな表現方法を確立。後続のアーティストにも多大な影響を与え、1996年には「ロックの殿堂」入りを果たした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン