/

この記事は会員限定です

CME水先物スタート 初日の取引は低調

[有料会員限定]

【シカゴ=野毛洋子】米最大の先物取引所、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)は7日、世界で初となる水先物を上場した。初日の清算価格が示す水の価格は1㍑当たり0.4㌣だった。気候変動による水不足の深刻化で農家や産業界の取引需要を見込むが、初日の取引は低調だった。

初日の先物清算価格は496㌦(1㍑当たり0.4㌣)、売買高は2枚だった。CMEでオルタナティブ投資部門の責任者を務めるティム・マッコート...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り469文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン