/

首都当局がイバンカ氏聴取 大統領就任行事巡る訴訟で

 イバンカ大統領補佐官は当局から聴取を受けたことを明らかにした=ロイター

【ワシントン=共同】トランプ米大統領の長女イバンカ大統領補佐官は3日、2017年のトランプ氏の大統領就任祝賀行事を巡る民事訴訟に絡み、首都ワシントン(コロンビア特別区)当局から聴取を受けたとツイッターで明らかにした。米メディアによると、1日に実施された。

祝賀行事を取り仕切った非営利団体が不当に高い費用をトランプ家が経営するトランプ・インターナショナル・ホテルに支払い、利益を与えたとして首都当局が1月に提訴。特別区が定める非営利団体に関する法律に違反したとしている。米メディアによると、100万ドル(約1億円)以上が会場費として支払われたという。

イバンカ氏はツイッターで、ホテルには公正な市場価格を請求するよう指示したと反論。これに対し訴訟を指揮する特別区の司法長官は、非営利団体がトランプ家をもうけさせるため支出したのは明らかだと非難した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン